電力自由化とは

 

電力自由化とは?

 

電気が送られてくるのが当たり前としていて、深く考えたことはなく「電力自由化」と言われていもよくわからないという方が多いのではないでしょうか。

 

これまでは全国を10のエリアに分けて、エリアごとの電力会社から電気を購入していました。東京など関東地区は東京電力、九州なら九州電力などが独占販売していたのです。

 

これからはその独占性をなくして、ほかの事業体が電力販売事業に参入できるようにすることが「電力自由化」です。この制度は2016年4月から実施されました。

 

今後私たち消費者が電力会社を自由に選ぶことができます。また、電力会社もお客様を選ぶ自由があるのです。この電力自由化は2000年3月から大口消費者を対象に始まっていたのですが、2016年4月からは一般家庭でもスタートすることとなりました。

 

電力を販売する会社が電力を作っているわけではなく、電力を作っている会社から仕入れて販売するシステムです。
電力を販売する会社は100社以上もあり、値段やセット、発電方法などがそれぞれ異なります。自分のライフスタイルに合った電気を選ぶことができるようになりました。

電力自由化 マンションの場合

「電力自由化って持ち家の人だけの話でしょ。」「賃貸やマンションは関係ない」と思っている人も多いのではないでしょうか。

 

賃貸のアパートやマンションにお住いの人でも、基本的には電力会社を自由に選ぶことができます。
電力会社を変えても電線や引き込み線を変えるわけではないのです。電線の中を通ってくる電気の出どころが変わるだけなので、大家さんや管理人に許可を取る必要もありません。

 

乗り換えをすると、スマートメーターへの交換が必要となりますが、交換作業は電力会社が行いますし、もちろん無料です。退去時もそのままでOKですから安心して乗り換えを考えてください。

電力自由化のメリット

電力自由化で電力会社を乗り換えるにあたってのメリットやデメリットを考えてみましょう。

 

メリットは、大抵のご家庭で電気料金が安くなるということです。今は各電力会社が顧客争奪戦を繰り広げているため、キャンペーン的な価格競争を行っています。
乗り換えるだけで電気料金を5〜10%も安くしている会社もあります。

 

また、電力会社を自分で選べるといういままでにないメリットがあり、原子力発電に抵抗のある方が再生可能エネルギーを中心としたエコな電気を選ぶことができます。
更に地元で作られた電気を選ぶことも可能です。

 

安いから、小さな会社だから停電をするという心配をする方もいるようですが、これについては全く心配はありません。全ての電力会社が同じ送電網を使うので、特定の会社だけがひんぱんに停電することはありません。

電力自由化のデメリット

メリットがあれば当然、デメリットもあります。新電力に乗り換えた際のプランや使用状況によっては、逆に割高になってしまう可能性も出てきます。

 

特に一人暮らし世帯とオール電化プランで契約した場合は注意が必要です。

 

従来の電気供給下では、一人暮らしや電気使用量が極端に少ない家庭の場合、東電や関電といった地域の電力会社は「儲からないお客さん」という位置づけをしています。それでも電気を供給する代わりに電力事業の「地域独占」を許されてきました。
今後もこうした責任は地域電力会社が担っていくので、無理に乗り換えしなくても大丈夫です。

 

消費電力や金額でわかりやすくいうと、「月々平均4000円未満」あるいは「30A未満の契約」であるご家庭は乗り換えを検討する際に特に注意したほうが良いでしょう。
もちろん、一人暮らしでも安くなる新電力会社もあるので、検討してみてください。

 

そしてオール電化のご家庭が利用する料金プランは、通常のプランより5〜10%程度安く設定されていますから、乗り換えても安くなったという実感ができないというデメリットがあります。逆に高くなってしまうというケースもありますから要注意。

 

クリーンな電力を選ぶ

クリーンな電力とは、原子力発電所や石炭火力発電所からの調達はしない、再生可能エネルギーであることをいいます。今のところ風力、バイオマス、太陽光、地熱、波力発電などがそれに当たります。

 

電力自由化によって自然エネルギーを中心とした電力の供給を目指す会社も多くあります。

 

クリーンな電気を購入したいと考えているなら、「パワーシフトキャンペーン運営委員会」のホームページを見てみるとよいでしょう。
自然エネルギーの電力会社は資本力や宣伝力が圧倒的に不足しているため、認知度も低く伸び悩んでいるのが現状です。

 

クリーンエネルギーを使いたい方が応援することで、こうした会社が増え大きくなります。フォームから自然エネルギー電力購入希望登録をすることで、こうした電力会社を応援できます。

 

大手電力会社のエリアごとの、自然エネルギー電力会社を見ることもできるので、今後の電力会社選びの参考にもなります。