電力会社を選ぶ基準

 

電気料金を比較してオトクな電力会社に乗り換えよう!

 

今まで私たち消費者は、電力会社を選ぶことができず、居住地の電力会社から一方的に電気を購入し、言われるままの請求金額を支払ってきました。値下げの交渉すらできなかったわけです。

 

電力自由化が本格的にスタートしてやっと自分で好きなところから電気を購入できるようになりました。

 

しかしながらどこの会社から買えばいいのでしょう。またテレビのCMや個別にダイレクトメールなどでの勧誘もあり、何を基準に選ぶべきなのか迷ってしまいます。

 

ネット検索をすると電力販売会社は100社以上もあります。それぞれ特徴があるので自分の希望に近い会社を選ぶようにしましょう。

 

石油や石炭を利用した火力発電はいつか枯渇するエネルギー源でもあり、二酸化炭素など温室効果ガスが発生し、地球温暖化にも繋がります。
クリーンで環境を壊さないエネルギーを考慮するなら、このような電力を販売する会社は避けたいです。

 

また、原発による電力は使いたくないと考えておられる方もいます。
とにかく電気料金を節約したいとお考えなら、電気料金がどのくらい節約できるのかシュミレーションできるサイトを利用してみることをおすすめします。

最安プランを選ぶ

 

電気料金を比較してオトクな電力会社に乗り換えよう!

 

2016年4月から始まった電力自由化ですが、まだ以前のまま何もしていないという方も多いのではないでしょうか。手っ取り早く安いプランが分かるといいのですが、電力は使い方によって最安のプランが異なります。

 

電気料金は3段階に分かれていますが、各社でこの設定の仕方が異なります。
3段階料金制度とは、省エネルギー推進などの目的から、電気の使用量に応じて料金単価に格差を設けた制度のこと。

 

まず基本料金があります。更に電力使用量によって段階料金を設定していて、各社安くするところ、高くするところが異なりますから、料金プランで選ぶ場合は、この段階料金を比べることが必要です。

 

電気をあまり使わない家庭と、電気を多く使う家庭では当然選ぶ会社も異なってくるわけです。さらに何キロワット使うかによっても微妙な差が出てきますから、お得なプランを見つけ出すのは難しいです。

 

そこでおすすめなのが、電気料金シュミレーションです。シュミレーションできるサイトはいろいろあります、簡単な基本情報を入力するだけで安いプランを比較できるようになっています。

 

ただ、オール電化や深夜機器割引を受けている家庭などでは正確なシュミレーションができない可能性があるので気をつけなければなりません。

 

シュミレーションしてみて新電力に乗り換えるより今のままの方が電気代が安いというケースもあることを覚えておきましょう。

電気以外のものとセットで考える

 

電気料金を比較してオトクな電力会社に乗り換えよう!

 

始まったばかりの電力自由化ですがすでに100社以上が存在する新電力。今後はもっと増えると言われています。その中から一社をどう選べばいいのか本当に迷います。

 

そこで選択肢に入れて検討してみたいのが、「セット契約」という方法。
すでに契約中のサービスから絞って電力会社を探すので、的にたどり着くのはかなり簡単です。請求書も一本化できるのも便利になります。

 

1.都市ガス・プロパンガスは、ライフラインということで相性もよく、恒久的な安心感があります。

 

2.携帯電話・スマホは料金的にかなりお得になりそうですが、解約のタイミングなど電力とは異なるので注意が必要です。携帯を他社に乗り換えると電力だけが取り残されてしまうことになります。

 

3.ガソリンスタンドとセットの場合は、いつも決まったスタンドを利用する人、年間1.5万q以上の走行距離がある家庭ならお得なようです。

 

以上以外に光回線やADSL回線とセット、スーパーマーケット、コンビニ、ケーブルテレビ、クレジットカード、などがあります。

 

セット契約には色々な制約もあるので、注意しないと損をすることにもなるので、よく検討する必要があります。

電力購入のポイント

 

電気料金を比較してオトクな電力会社に乗り換えよう!

 

電力自由化でコンビニでも電気が買えるようになりました。あまりの手軽さにとまどってしまいます。会社によって部屋の明るさが変わるとかオーディオの音質が悪くなるとか、あるのではないかと思ってしまう方もいるのだそうですが、もちろん、そんなことは起こりません。

 

どこの電力会社を選んでも今までと変わりなく使えますから安心してください。
違ってくるのは、「料金」と「エコ貢献度」だと言われます。
電力会社を賢く選ぶことで、電気の使い方や使う量は全く同じでも料金が大幅に節約になる場合があります。

 

また、電力会社によって発電方法が違います。再生可能エネルギーを中心とした発電方法を導入している会社の電力を販売している会社から購入すればエコに貢献していることになります。

 

また、電気の地産地消を掲げている会社もあります。地元で作った電気を使えば、地域振興につながります。このようにどの電力会社を選ぶかは私たちの自由です。家計や地球環境などを考慮して電力会社を選択したいですね。

電力会社選びのポイント

1.やはり価格が一番のポイントとなります。
電気の品質には差がないため、価格の安さが判断の基準となるのは当然です。
電気料金は契約アンペア、使用量によって変わってくるので、今までの検針票を参考にネットでシュミレーションしてみるといいでしょう。

 

2.ライフスタイルに合ったプランを選ぶことも大切です。
昼間は留守にしているなら、夜間割引プランを選びたくなります。ただ昼間帯の価格が極端に上がったり、土日の昼間帯も高いことがあるので注意が必要です。
24時間均一料金のメニューを選択しても、新電力に乗り換えるだけで料金は安くなります。

 

3.エコ電力であるかどうかも新電力会社を選ぶポイントになります。
自然エネルギーで全てを賄うことは難しいことは理解できるので、環境への貢献度を測る指標は、CO2の排出係数を比較するしかありません。

電力自由化の疑問点

 

電気料金を比較してオトクな電力会社に乗り換えよう!

 

2016年4月に始まった電力自由化ですが、すでに新電力会社に乗り換えた方もいると思いますが、まだ迷っているという方も多いのではないでしょうか。色々分からないこともあって、乗り換えることに躊躇している方もおられるでしょう。

 

Q.乗り換えは誰もがしなくてはいけないの?
乗り換えしなければ現在、供給を受けている電力会社から引き続き供給されます。

 

Q.新電力会社が倒産したらどうなる?
電力会社が倒産したからといって電気が停止することはありません。新たな供給元が見つかるまでの間、各地域の電力会社(東電や関電など)から供給を受けられます。

 

Q.停電になりやすくならない?
どこの事業者に乗り換えてもこれまでと同じように電力会社の送電網を使って供給されるため、電気の品質や安定性に変化はありません。

 

Q.乗り換える際には工事や費用は発生する?
電気メーターをスマートメーターへ取り替えが必要になりますが、工事費用は発生しません。

環境にやさしい電力会社を選ぶ

 

電気料金を比較してオトクな電力会社に乗り換えよう!

 

環境にやさしい電力とは、思い浮かぶのは太陽光、風力、水力発電があります。
エコな電力会社といっても供給する電力全てを自然エネルギーでまかなっているわけではありません。そういった点ではまだまだ発展途上だということなんです。

 

電力会社の電気がどのような方法で発電されたものかを示すのが、「電源構成比」といわれるものですが、残念ながらこの電源構成比の開示は義務化されていないので、私たちは詳しく知ることはできません。

 

ですが、エコを売りにした新電力会社は自主的に開示していますから、その中での比較はでるので、参考にすることはできます。

 

外国では電源構成比の開示を義務付けているところもありますが、残念ながら日本ではまだまだ先のようです。ですが開示する会社も徐々に増えつつあります。

更新履歴